浅川直筆メルマガ【ライフデザイン】 | コラム

コラム

浅川直筆メルマガ【ライフデザイン】

『ランプ売りのあさかわ』

おはようございます!!

ライフデザインパートナーズの浅川智仁です。

 

最大10連休、大型のGWが終了しました。

 

懐かしい気持が何度も去来した。

そんな連休だったのが個人的な感想です。

 

2年ぶりに見る、人出が多い街並。

やはり、賑やかな風景に身を置くと、

それだけで状態も上がりますね。

 

 

■ 自分の能力を“正当”に伝える

 

==================

「あなたのランプの灯を、もう少し高くかかげてください。

見えない人々の行く手を照らすために」

(ヘレン・ケラー)

==================

 

昨日は、月に一度の個人向けセミナー「お金を動かす会話術」の日で、

オンライン含め50名以上の方々と営業を学ばせていただきました。

 

テーマはズバリ、ファイナルクロージング。

僕の大好きな『懸念解消』のフェーズについて、

5時間お伝えいたしました。

 

このテーマについてお話すると、

僕は決まって思い出す言葉があります。

それが、前述したヘレン・ケラーの名言。

 

 

突然ですが、あなたは自分自身の能力について、

どのように捉えていますか?

 

僕はそれを、『様々な人の暗闇を照らす灯』だと捉えています。

 

 

結論から言いますが、

自分自身の持っている能力は、活かさなければ罪です。

 

つまり、能力とは

「世の中に広めなければいけない崇高なもの」なのです。

 

 

■ あなたがランプの油売りだとしたら?

 

イメージしてみてください。

 

あなたがランプの油売りだとします。

 

目の前に油を求めている人がいながら、

自分の油は売る価値がないと家に閉じこもっていたらどうでしょうか。

 

当然、ランプに灯が点くことはなく、

その人は暗闇の中で不便な生活を余儀なくされるでしょう。

 

 

僕たちは、何かしらの影響や助けを他人から受けながら

日々の生活を形成しています。

 

名前も知らない遠くの人が考えた一つのサービスが、

まるで海の波のように漂って、

対岸にいる僕たちの生活に変化を生み出しているわけです。

 

 

仮にその誰かが、自分の能力を悲観し、活かさないままでいたら、

僕たちはその利便性を享受できないままでいるでしょう。

 

 

これは、自分自身に置き換えても全く同じことだと僕は考えています。

 

 

もし僕自身、自分の能力を疑い、その提案を躊躇していたとしたら、

お手伝いできるはずの方に迷惑をかけるわけです。

 

 

■ 世界はあなたのプレゼンを待っている!!

 

ぜひ記憶しておいてください。

 

自分の能力を疑い、出し惜しみしていたとしたら、

それによって迷惑や不便を被る人が、この世のどこかにいるのです。

 

自分の能力を正当に評価し、しっかりと周囲へ向けて提案しましょう!

 

 

もう一度言います。

 

自分の能力を、正当に表現しないことは、罪なことなのです。

 

 

それではみなさん。

今日も最後までお読みいただき感謝いたします。

 

新しい一週間が、

あなたにとって、素晴らしくステキなものになりますように。

 

 

~人生はデザインするもの~

ライフデザインパートナーズ株式会社

代表取締役 浅川智仁

 

**********

 

TOPTOP