今の疑問、お客様に聞いていますか? | お金と心を動かす会話術

コラム

今の疑問、お客様に聞いていますか?

■ お客様はあなたの全てを教えてくれる



==================

「教学相長(読み;きょうがくあいちょうず)」
意味;人に教えることと、人から学ぶことは、互いに作用しあうということ。また、教えることは自分の修行にもなるということ。
(『礼記』より引用)


==================





 

 






コミュニケーションとは、「言葉を発する側」「受け取る側」の両方が存在して、初めて成立するものです。




 

 






ただ興味深いことに、情報を発する側が、受け手の存在を忘れてしまうという事が頻繁に起こりがちなのが現です。


実は、かく言う僕も、以前は度々そういう間違いを犯していました。


自分の伝えたいことに集中して自分本位になり、伝わらないと相手を責めていたことすらありました。


とても大事なことですが、受け取る側に意思が伝わらないとしたら、その会話は存在しないのと同じことになります。


お互いにとって、これほど悲劇的な時間はありません。





 

 







■ お客様から学ぶという姿勢を持つと会話はグッと上手になる



僕は今日の言葉に出会い、言葉を発している最中でも、受け手から何を学べるかを意識するようになりました。


相手との意思疎通が圧倒的にスムースになったのはそれからです。


これは、クライアントの方とのセッションでも、組織の中の会話でも全く同じことです。


振り返ってみると、支店管理者を務めていた前職で僕は、メンバーから様々なことを教えられました。


クライアントの方々からは、いつもセッションで多くの気づきをちょうだいしています。





 

 







■ お客様に聞くことが最高のマーケティング



営業職にチャレンジした最初の頃、僕はお客様にこんな質問を投げかけていました。


「なんで今回、ご採用いただけたんでしょうか?」

「ご採用いただいた決め手はなんだったでしょうか?」

「なんで今回、ご採用に至らなかったんでしょうか?」

「なにがあったら、ご採用されるご決断が出来ましたでしょう?」

「浅川の印象を教えていただけますか?」




疑問や可能性を感じたことに対し仮説を立て、それを検証する事でビジネスとは成長していきます。


それがマーケッターの仕事であり、その精度や確率が高い人のことを僕たちは信頼し、様々なマーケティング手法を学ぶわけです。


ところが、最も精度と確立の上がる学びはズバリ、お客様に直に聞くことです。


プレゼンを終えたお客様ほど、サービスや商品、そして自分自身に対して忌憚のない素直なご意見を仰って下さる方はいません。


そのチャンスを逃すことは、大きなマーケティング費をかけること以上にもったいないことです。





 

 






■ ぜひ意識してみてください



言葉を発するとき、実は受け取っているのは自分の方である。


物事を教えている時、実は教えてもらっているのは自分の方である。




~人生はデザインするもの~

ライフデザインパートナーズ株式会社
代表取締役 浅川智仁

TOPTOP