その研修、社員をダメにしているかも?研修後、社員が落ち込んでしまった理由とは。 | 社員との対話

コラム

その研修、社員をダメにしているかも?研修後、社員が落ち込んでしまった理由とは。

その研修、社員をダメにしているかも?研修後、社員が落ち込んでしまった理由とは。

こんにちは!
理念型経営専門の営業研修会社、
ライフデザインパートナーズの
社長室室長をしております落水(おちみず)です。


先日お会いした社長様が
こんな話をされていました。

 

「先日外部研修を社員に受けさせたら、
ひどく状態が落ちて帰ってきたんです。」


社員のモチベーションを上げて、
成果を伸ばすために研修を受けさせたのに、
逆効果になっていますよね。

 

どうしてこのような現象が
起こったのでしょうか?

 

実はこれ、“あること”を
事前にしていなかったことが原因で起こります。


この答えはまた後ほどお伝えしますね。

「社内研修」と「外部研修」、それぞれのメリット、デメリット

研修を検討するとき、
まず考えるのが「社内研修」と「外部研修」だと思います。
このメリット、デメリットは明確なので、
比較しやすいですよね。


「社内研修」一番のメリットは、
コストがほとんどかからないことです。


さらに、優秀なセールスパーソンや
リーダーが在籍している企業であれば、
会社の内情をよく理解しているので、
より社長の意に沿った研修が期待できます。


一方で、社内研修では見知った社員同士となるため、
新しい刺激が少ないというデメリットがあります。


またスキル・情報などにおいて、全て社内に
あるものに限られてしまうため、
それ以上のものが期待できないのも
社内研修のデメリットです。


それに対し、「外部研修」を利用するメリットは、
講師が社外の人間なので、社内にはない考え方や
スキルに触れられるという部分です。


一方で、社内研修よりも費用がかかる
という側面があります。


ここまでは誰でも考えつくと思います。


問題はここからです。


外部研修を検討するとき、
多くの企業が陥る“落とし穴”が存在します。


それは、社長や研修の採用担当者だけが
研修を受ける意義を理解し、

「この研修を通して、どうなってほしいのか」

という着地目標を受講する社員に何も伝えずに
送り出してしまう、ということ。


実は人の“学ぶ力”を引き出す秘訣
というものがあります。

それが『着地目標を決めること』


何となく聞くのと、
これを聞いた後どうなっていたいか、
何を得たいかを明確に決めてから聞くのとでは、
内容の入り方が大きく変わります。

 

短期間で大きな成果を出す秘訣の一つが、

 

『着地目標を事前に決めて臨むこと』

 

なのです。

研修業界の”あるある”!「外部研修」を採用して失敗する原因

さて、冒頭でお伝えした
社長様のお話しに戻りましょう。

先日お会いした社長様が
こんな話をされていました。

 

「この前、研修会社から営業を受けて、
是非社員に受けさせたいと思って
研修を依頼したんです。

だけど、研修を受けた社員が帰ってきたら、
すっかり別人になって、ひどく状態が落ちていました。

せっかく良かれと思って行かせた研修だったのに、
逆効果となってしまい、とてもガッカリしました。」

 


実はこれ、研修業界の“あるある”なんです。

なぜこのようなことが起こってしまったのか。

 

それは、事前にこの研修を受けて、
“何を学び、どんなことを持ち帰ってきてほしいか”
という着地目標を社員に伝えていなかったから。

 

これをしっかりと伝えずに送り出してしまうと、
せっかくお金と時間、労力をかけて研修を受けても、
全く無意味になってしまうのです。

 

それどころか、
「こんなものを受けさせられた」
という負の感情を抱く危険性もあります。


ライフデザインパートナーズの研修では、
最初に必ず『着地目標を決める』ワークを
行っていただきます。

 

そして、みんなの前で
『研修が終わった後の自分』を
コミットメントしていただきます。

 

さらに、講師が事前に社長様、もしくは研修採用担当者様と
しっかりヒアリングさせていただくので、

 

この研修を通して、社員の皆さんにどうなってほしいのか
という会社側の想い、意図も研修前にしっかりとお伝えし、
ベースを作った状態で研修を始めるので、
「よく分からないものを受けさせられた」
ということは起こりません。


まずは『着地目標を決めること』。


これは研修に限らず、色んな場面で役立ちます。

上手くいく人はいちいち『着地目標』を決めてから
行動しています。

 

交流会に行く前にも、「何を手にできたら成功と言えるか」
という着地目標を決める人と、
決めないでただ何となく参加する人とでは
大きな差が生まれます。

 

ぜひ、『着地目標』を意識する癖を付けてみてください。


そして、マネージャー職の方はぜひ覚えておいてください。

 

社員の方がアポイントに向かう前に、
『今日のアポで何を持ち帰って来れたら成功だと言える?』
と聞いてから送り出してください。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次回は『なぜ今、「理念型経営」が必要なのか?』について
お伝えしていきます。

TOPTOP